囲碁用語集‐か行


[あ行] [か行] [さ行] [た行] [な行] [は行] [ま行] [や行] [ら行] [わ行] [囲碁用語集]

カカリ(かかり)
相手のシマリを妨害する手。
いろいろなカカリ方がある。
確定地(かくていち)
相手からの進入手段が無い領域のこと。
欠け目(かけめ)
のように見えて実はではないところ。初心者は間違えやすい。
欠け眼はとしては数えない。
カス石(かすいし)
動き出したら攻撃目標になってしまい逆に相手が喜ぶ石。相手の大石にへばりついている数子など。カス石は動かない方が賢明である。
対義語:カナメ石
 カス石逃げるべからず
カナメ石(かなめいし)
動き出したら相手が困る石。相手の石を切断している石など。
対義語:カス石
亀の甲(かめのこう)
最短手数で、敵の二子を抜いた後の形。下図の形
 亀の甲六十目
亀の甲
辛い(からい)
厚みよりも実利(地)を重視していること。
使用例:「あの人は地に−ね。」
カラミ(からみ)
根拠のない2つの相手石の一方を攻めるとき、他方の相手石をその攻めに参加させ、どちらかの相手石を粉砕するような戦い方。
官子譜(かんずふ)
中国明の時代に編纂された手筋集。3巻1478題の死活・ヨセ・攻合いの手筋を収録。
緩着(かんちゃく)
ぬるい手。
類義語:甘いおじさん

利かし(きかし)
相手が必ず受けてくれる手。保留しておくのが普通。利かした石は軽く見ること。
 利かした石は惜しむな
利き(きき)
まだ実際には打たれていないが、打たれれば相手はそれに応じなければならず、そのため、着手されてなくても着手されているものとみることができること。
奇手(きしゅ)
突拍子もない手。良い手の時に使われる。
鬼手(きしゅ)
常識では考えられないような妙手。普通、悪手として思考の範囲にないような着手が多い。
棋譜(きふ)
対局の記録のこと。
急場(きゅうば)
急いで打たなければならないところ。根拠を得る手だったり奪う手だったり、二目の頭などの形の急所等。
キリ(きり)
相手の石を分断すること。
キリチガイ(きりちがい)
白石と黒石がお互いにキリ合っていること。
 キリチガイ一方をノビよ
禁じ手(きんじて)
打つと負けになってしまう手。自殺手やコウダテなしのコウ取りなど。

愚形(ぐけい)
石が重複して働きのない形。
参考:アキ三角陣笠バカ四
グズミ(ぐずみ)
部分的にはよくない形だが、その局面では有効な手。
相手の石にキリ口を作る手など。

形勢判断(けいせいはんだん)
相手と自分の確定値、地模様、弱い石・浮石の有無などでどちらが有利か判断すること。中盤に入る前と中盤で1段落したとき、ヨセに入る前にやるのが良い。
ケイマ(けいま)
将棋の桂馬と同じ位置に打つ手。
 ケイマにコスミ
 ケイマにツケコシ
 ケイマのツキダシ悪手の見本
 攻めはケイマ逃げは一間トビ
消し(けし)
模様の拡大の阻止、または模様の削減を目的とする手のこと。
下駄(げた)
直接アタリを打たずに敵の石の逃げ道をふさぐ手。
シチョウが不利なときなどに使える。応用範囲は広い。
玄々碁経(げんげんごきょう)
室町時代に編集された中国の詰碁集。各問には名前が付けられている。

コウ(こう)
お互いに何度でも石を取り返せる形。そのままでは一生続いてしまうので、一度他の場所に打ってからでないと取り返すことができない。
参考:二段コウ三コウ
コウ
コウ味(こうあじ)
コウにしてねばる可能性がある石形。
碁経衆妙(ごきょうしゅうみょう)
江戸時代に編集された林元美著の基本詰碁集。生之部、死之部、コウ之部に分類出題されている。
碁笥(ごけ)
石を入れる容器。
コスミ(こすみ)
自分の石の斜めに打つ手。
発展語:コスミツケ
コスミツケ(こすみつけ)
コスミながらツケる手。
後手(ごて)
相手が打ったあとに自分が打って終わってしまうこと。次の相手は好きな場所に打つことができる。
使用例:「あちゃぁ、−を引いてしまった。」=「しまった。先手を取られた。」
対義語:先手
細かい(こまかい)
お互いの形勢が接近していること。
コミ(こみ)
終局後に白がもらうことが出来るボーナスのようなもの。
通常、先に打つ黒のほうが有利なので白に六半が与えられる。
が与えられるのは引き分けを防ぐため。
小目(こもく)
四隅のより一列碁盤のスミに近い点。1つのにつき2つづつある。全部で8個。
初手はと小目が多い。たまに三三高目もある。

[あ行] [か行] [さ行] [た行] [な行] [は行] [ま行] [や行] [ら行] [わ行]  [HOME]